〒135-0004 東京都江東区森下2-7-4大澤ビル1階
都営大江戸線・新宿線森下駅から徒歩3分

 
午前
午後

お気軽にお問合せください

03-5860-7524

*曜日によって営業時間が異なります。ご注意ください。

こんにちは。フューチャーエナジー整体院のウッディです。

3月なって暖かかったり、寒かったりで、まさしく三寒四温ですね。

 

春が近づいているように思えますね。

 

しかし、この気温差で体調を崩されている方が急増しています。

 

今回は【気温差による体調不良】を解説していきます。

ぜひ最後までブログをご覧ください。

 

それでは始めていきましょう!!

気温差による体調不良?寒暖差疲労とは??

そもそも気温差による体調不良を「寒暖差疲労」と言います。

寒暖差疲労は「寒暖差、気温差によって体に疲労が蓄積した状態」のことです。

 

冬から春にかけてだけでなく、秋から冬などの季節の変わり目の気温の変化や朝晩でも気温差でも体は寒暖差を感じて疲労を溜め込みます。

人間は暑くなると汗をかいて放熱したり、寒くなると熱を体内で発生させる体温調節の機能が備わっています。

 

体温機能を司っているのが「自律神経」です。

 

この自律神経を正常に働かせるためには一定以上のエネルギーが必要です。

気温差が大きいとエネルギーを消費する量も大きくなります。

 

気温差が大きい状態が続くとエネルギー消費量が増えるので体は疲れてしまいます。

寒暖差疲労が起こりやすい環境

寒暖差が起こりやすい気温差は「前日と比べて±5℃以上」の環境になった場合です。

また、エアコンによる室内、室外との気温差でも寒暖差疲労は起こりえます。

今の季節は十分あり得る環境ですね。

 

季節の変わり目だけでなく、天気予報などをチェックして気温差を感じないような服装にすることも寒暖差疲労を軽減する対策です。

 

空調が効いている場所の出入りが多く、気温差を感じやすい環境だと自律神経が常にフル回転している状態なので、寒暖差疲労になりやすいともいわれています。

昔と比べると寒暖差が激しくなっているので自律神経が疲弊している人が多いようにも思えます。

その体調不良は寒暖差疲労!?寒暖差疲労のチェックリスト

ここまで色々と書きましたが、

「自分が寒暖差に対してどれくらい影響を受けているのか?」

知りたいですよね。

 

チェックリストを作ってみたので確認してみてください。

該当項目が多いほど、寒暖差の疲労が起こりやすいと考えてください。

 

□暑いのも寒いのも苦手だ

□冷暖房の空調が苦手だ

□季節の変わり目に体調を崩しやすい

□気温差がある場所に移ると顔がほてる

□体がほてると冷めるまでに時間がかかる

□手足の末端の冷えを感じる

□体の冷えで寝つきが悪い

□お風呂に入っても冷えを感じる

□ヒートテックなどの温かいインナーが欠かせない

□今までに熱中症になったことがある

 

10個のチェックリストを用意しました。

1~3個のチェックであれば問題はないでしょう。

4~6個の場合は注意が必要です。

7個以上の場合は寒暖差疲労を起こしている状態だと思ってください。

 

寒暖差疲労を溜めないための対策

それでは寒暖差疲労を溜め込まないための対策を紹介します。

ご自身でできることですので実践してくださいね。

 

寒暖差疲労を溜め込まないためには「体を適度に温めること」がポイントとなります。

毎日の生活の中で体を温めることを意識するように努めてくださいね。

 

毎日の生活の中では、体を効率的に温めることを意識してみてください。

 

湯船に毎日浸かりましょう

忙しい、時間がないからといってシャワーだけで済ませずに、毎日湯船に浸かってください。

湯船に浸かることで体が温まります。

また水圧によって血液やリンパ液の流れが促されます。

お風呂に浸かることでの浮力効果によって筋肉や関節をリラックスさせることもできます。

 

お風呂の温度は40度くらいのぬるめにすると、入浴の時間がしっかりと取れると思います。

体が芯から温まりますので、寒暖差疲労の対策にはもってこいです。

 

普段の生活に+αの負荷をかける

本当は運動を始めてほしいのですが、、、

難しいという方は普段の生活に+αの負荷をかけるだけでも寒暖差疲労には十分に効果があります。

 

・階段の上り下りで移動をする

・電車の中では座らずに立つ

・最寄り駅の一つ前で降りて歩く

・椅子に座るときは両膝を閉じて座る

 

このように何気ないことかもしれませんが、体を普段よりも動かすことで寒暖際に強い体をつくることができますよ。

 

体を温める食材を摂る

体の中から温めるためには食生活にも気を配る必要があります。

暖かくなってきたからといって、キンキンに冷えた飲み物は避けましょう。

白湯やスープなど温かい飲み物がおすすめです。

 

また、ニラ、ネギ、しょうがやニンニクなどの体を温める食材を摂るとより一層の効果が期待できます。

まとめ

今回は気温差による体調不良を解説しました。

日によっての気温差、朝晩の気温差が大きい季節です。

体調不良になりやすい季節ですので、今回紹介した対策を実践してみてくださいね。

 

また、寒暖差疲労になる根本的な原因は「自律神経の疲労」です。

自律神経を整えるためには「整体」が一番効果があります。

 

季節の変わり目の体調不良は当院にご相談ください。

お役に立てると思いますよ(^^)

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5860-7524
営業時間
月・金:10:00~21:00
 火 :14:00~21:00
 木 :16:00~21:00
土・日:10:00~18:00
休業日
水曜

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-5860-7524

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2021.10月
・9月1日(水)
・9月8日(水)
・9月15日(水)
・9月22日(水)
・9月29日(水)
上記は定休日となりますので
よろしくお願いします。

営業時間の変更
9月20日(月)10:00~13:00
9月23日(木)10:00~18:00

 

患者さんの声

的確なアドバイスをもらいました

江東区にお住まいのN様

たかが肩こりとあなどらず受けてみてください。先生からアドバイスしてもらって下さい!!よくなりますヨ!!

人にお勧めしたい

墨田区にお住いの松井様

腰痛にお悩みの方、きっとその悩みは、解決できます。オススメです!!

院長ごあいさつ

宇田川真美

元気・前向きがモットーのウッディ先生です。私と一緒に肩こり・腰痛・頭痛を改善していきましょう! 

アクセス・営業時間

住所

〒135-0004 東京都江東区森下2-7-4大澤ビル1階

最寄駅

都営大江戸線・新宿線森下駅から徒歩3分

営業時間
 
午前 × × ×
午後 ×

月・金:10:00~21:00
 火 :14:00~21:00
 木 :16:00~21:00
土・日:10:00~18:00

休業日

水曜