〒135-0004 東京都江東区森下2-7-4大澤ビル1階
都営大江戸線・新宿線森下駅から徒歩3分

 
午前
午後

お気軽にお問合せください

03-5860-7524

*曜日によって営業時間が異なります。ご注意ください。

こんにちは。フューチャーエナジー整体院のウッディです。

今日は【体を回復させる睡眠】について解説していきます。

 

体の不調を招く原因の一つとして「睡眠」が原因の可能性があります。

 

睡眠の質が悪くて不調。

つまりは肩こりや腰痛を引き起こす可能性があります。

 

睡眠の質が悪くて肩こり腰痛になる!?

と思うわれる方がいらっしゃると思います。

 

今日は睡眠についての解説をしていきます。

睡眠の役割

そも睡眠の役割をご存知でしょうか?

 

睡眠の役割1.脳の休養、メンテナンス

単に受動的に休養するだけでなく、より積極的な保守作業を行っています。

例えば、脳の老廃物でありアルツハイマー病の原因でもあるアミロイドβ(ベータ)というタンパクは主に睡眠中に脳脊髄液中へと洗い流されています。

 

記憶睡眠の役割2.記憶の整理・定着

前日嫌な思いをしたけれども、一晩寝たら何となくすっきりしたという経験はないでしょうか。

これは睡眠中に嫌な記憶が整理され、必要に応じて消去されているからです。

また学習した記憶が睡眠によって定着・保持されるだけでなく、むしろ向上・強化されることも複数の研究によって示されています。

 

睡眠の役割3.ホルモンバランスの調整

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、これは寝入りばなの数時間で成長ホルモンがたくさん分泌され子供の骨や筋肉の成長を促すためです。

しかし成長ホルモンの役割はそれだけにとどまりません。

アンチエイジング(抗加齢)ホルモンの代表格とされ、肌や筋肉、骨、内臓の傷んだ細胞を修復し新陳代謝をサポートし、免疫力や脳、視力の働きを強化するほか、コレステロール値の低下作用もあります。

また睡眠不足になると脂肪細胞から分泌される食欲を抑制するレプチンというホルモンが減少し、胃から分泌される食欲を増すグレリンが増え、生活習慣病を発症する可能性が高まります。

 

睡眠の役割4.免疫力向上

「風邪はよく寝れば治る」と言いますが、これにも根拠があります。

睡眠前から睡眠期前半にかけて多く分泌されるメラトニンというホルモンは胸腺という臓器に働きかけて、免疫の主要な働きを担うTリンパ球をたくさん作らせ感染症を治癒に向かわせます。

またインフルエンザなどの予防接種の効果は睡眠の足り具合によって差があることも報告されています。

 

 

難しく書いてしまいましたが、整体からの視点で言うと

「人は疲労を回復させるために睡眠をとる」

と考えられます。

そして、

「睡眠は人の唯一の回復行為」

になります。

 

人は生活をしていると、疲れが必ず溜まります。

 

寝ないでずっと活動していると、、、

そりゃ疲れますよね。

 

回復する活動をしないと倒れてしまいますよね。

人が疲労を回復させる行為は、、、

食事でもなければ、

入浴でもない、

マッサージでもなく、

睡眠だけなのです。

十分な睡眠の必要性

睡眠によって心身ともに完全な休養状態に入ります。

睡眠中は脈拍や呼吸はゆっくりとなって、血管は緩んで血圧も下がって筋肉は緊張から解放されます。

 

エネルギーは最低限しか使われず、体温も低くなります。

また、神経も極度の休息状態になります。

この完全な休息状態によって疲労は完全に回復します。

 

 

睡眠には2つの型があります。

レム睡眠とノンレム睡眠(深眠)です。

 

聞いたことありますかね。

 

その違いは脳波や眼球の動きをみることによってわかります。

寝入ってから1~1.5時間しますと完全な深い睡眠状態に入ります。

 

これがノンレム睡眠です。

 

ノンレム睡眠のあとに、脳波や眼球運動をチェックすると昼間目覚めているときと同じような状態になる睡眠になります。

この睡眠のことをレム睡眠と言います。

 

この2つの睡眠の型が一晩の間に2~3回交代します。

 

その中でノンレム睡眠は疲労の回復には欠かすことができません。

疲労が溜まっている状態、、、

例えば、激しい運動をした日の夜は、特にノンレム睡眠が長く必要になります。

 

また、レム睡眠は心の働きに関係が深い睡眠であり、一日の間に受けた印象を定着させたり、情緒や欲求を正しく表すのに不可欠な睡眠です。

つまり、一日の間に受けた心の歪を回復させる睡眠と言えます。

 

ちなみに、睡眠中の夢はこのレム睡眠の間に見ています。

つまり、日常の意識下にひそんでいる欲求などを夢によって解放しているのかもしれませんね。

 

いずれにしても、レム睡眠は心の健康にとって大切だということは知っておいてください。

 

 

睡眠は長ければ長いほどよいというわけではありません。

 

睡眠時間が長い=疲労回復する

 

というわけではありません。

 

長く寝たのに疲れが取れていない。

ということもありますよね!?

 

これは眠りが浅いためです。

・ノンレム睡眠の時間が短い

・ノンレム睡眠が深くできていない

これが眠りが浅い状態です。

 

これは脳波を計測しないと分からないです。

我々が判断できることは、

起きたときに「よく寝たなぁ、スッキリした!今日も一日頑張ろう!!」という気持ちになれているかどうか。

こういった前向きの気持ちになれていれば睡眠の質は良質だと思います。

 

逆に睡眠をとっても

「あ~怠い。寝たのに疲れが取れない。もっと寝たいな。朝からブルーだよ。」

みたいな後ろ向きの気持ちになるのであれば、疲れが取れていないので睡眠の質が悪いと言えます。

睡眠の質を高めるためには

体を休めるときは自律神経の副交感神経が優位になっていることが重要です。

 

睡眠の質を高めることは、個人の努力でできることもあります。

具体的な対策を紹介します。

 

・入眠の3時間前には食事を終える

 

・体を温める

 

・照明を薄暗くする

 

・リラックスできる環境で過ごす

 

・呼吸を整える

 

 

以上が睡眠の質を高くするポイントです。

まとめ

日のブログでは【睡眠】について解説しました。

 

色々と書いてしまいましたが睡眠が人間の唯一の回復行為だということを知っていただければOKです。

 

そして、睡眠の質が悪いと肩こりや腰痛になってします。

 

肩こり、腰痛が中々改善しない人

朝起きたときから、肩こり腰痛を感じる人

 

睡眠の質が悪いかもしれません。

 

身の回りの生活環境を変えることで睡眠の質を高くすることができます。

 

しかし、それだけだと足りません。

 

体の環境を変えることで、より睡眠の質は高くなります。

体の環境を変えることで「呼吸」が整います。

 

呼吸を整えることは自分では難しいかもしれません。

 

一度当院にご相談ください。

 

フューチャーエナジー整体院なら呼吸を整え、睡眠の質を高くすることができます。

一緒に健康でキレイな体を作っていきましょう!!

 

それでは、次回のブログでお会いしましょう!!

 

PS.

もっと当院のことを知りたい方はオレンジ色のボダンをクリックしてください。

※TOPページが表示されます。

お得なキャンペーンを実施中です(・ω・)ノ

↓↓↓

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5860-7524
営業時間
月・金:10:00~21:00
 火 :14:00~21:00
 木 :16:00~21:00
土・日:10:00~18:00
休業日
水曜

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-5860-7524

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2021.10月
・9月1日(水)
・9月8日(水)
・9月15日(水)
・9月22日(水)
・9月29日(水)
上記は定休日となりますので
よろしくお願いします。

営業時間の変更
9月20日(月)10:00~13:00
9月23日(木)10:00~18:00

 

患者さんの声

的確なアドバイスをもらいました

江東区にお住まいのN様

たかが肩こりとあなどらず受けてみてください。先生からアドバイスしてもらって下さい!!よくなりますヨ!!

人にお勧めしたい

墨田区にお住いの松井様

腰痛にお悩みの方、きっとその悩みは、解決できます。オススメです!!

院長ごあいさつ

宇田川真美

元気・前向きがモットーのウッディ先生です。私と一緒に肩こり・腰痛・頭痛を改善していきましょう! 

アクセス・営業時間

住所

〒135-0004 東京都江東区森下2-7-4大澤ビル1階

最寄駅

都営大江戸線・新宿線森下駅から徒歩3分

営業時間
 
午前 × × ×
午後 ×

月・金:10:00~21:00
 火 :14:00~21:00
 木 :16:00~21:00
土・日:10:00~18:00

休業日

水曜