〒135-0004 東京都江東区森下2-7-4大澤ビル1階
都営大江戸線・新宿線森下駅から徒歩3分

 
午前
午後

お気軽にお問合せください

03-5860-7524

*曜日によって営業時間が異なります。ご注意ください。

こんにちは。フューチャーエナジー整体院のウッディです。

今回のブログでは【足の冷え性を改善する方法と原因】をお届けします。

 

足の冷え性が改善すると、、、

 

・寒い冬も快適に過ごせるようになる

・体温が高くなり免疫機能UPする

・血流改善により様々な不調が改善する

 

このようなたくさんのメリットがあります。

ぜひ、ブログを最後まで読んで「足の冷え性」を改善してください。

 

足の冷え性の原因

足の冷え性でお悩み方いらっしゃいますよね!?

女性のほとんどの方が冷え性ではないでしょうか。

 

でも、冷え性の原因ってご存知でしょうか?

原因を知らずして改善はできません。

 

まずは「冷え性」の原因を解説します。

 

 

いきなりですけど結論から言うと、、、

 

 

冷え性の原因は「血流の流れが悪い」ということです。

 

 

そもそも、血液の働きには「体温を調整する」働きがあります。

身体の深部の筋肉や肝臓などでは活動するために必要な熱が作られます。

 

血液は器官を流れるときに作られた熱を吸収し、皮膚を流れるときに熱を放出することで、体温を一定に保ってくれています。

寒い季節では皮膚の血管を細くし、毛穴を閉じることでなるべく体温が身体から逃げないようにしています。

 

反対に暑い季節では血管を太くして毛穴を開き、体温が外に出やすいよう調節しています。

細菌やウィルスに感染して「熱が高い」状態のときは、体の中では細菌やウイルスとの闘いでたくさんの熱が作られています。

 

このように人間は血液によって生命の維持に適した体温に保たれています。

冷え性の人はこの血液が末端まで十分に行き渡っていないということになります。

足の冷え性の2つのタイプ

足の冷え性には2つのタイプがあります。

 

1.足全体が冷えるタイプ

2.膝から下が冷えるタイプ

 

この2つタイプです。

 

足の冷えを感じているならば太ももを触って、膝下と同じくらい冷えていたら「足全体が冷えるタイプ」だと言えます。

改善方法や原因がそれぞれ違いますので、冷え性の方は自分がどちらのタイプかは知っておいてください。

足全体が冷えるタイプの冷え性の原因

足全体が冷えるタイプの冷え性の原因は「股関節」になります。

 

私たち人間は股関節の前側に太い血管が走っています。

この血管が圧迫されて血流が悪くなっている状態になっています。

 

お腹に太い血管が走っていて、その血管が左右に枝分かれして足を走行しています。

この太血管がさらに枝分かれして末端まで血液を運んでいます。

 

太い血管の流れが悪ければ、分岐した細い血管の流れが悪くなるのはイメージ湧きますよね。

 

この太い血管が圧迫される原因として「股関節」があります。

足全体が冷える冷え性の人の姿勢の特徴として、股関節が屈曲、くの字のように曲がっているケースが多いです。

 

股関節がくの字のように曲がると、その前にある血管が圧迫されます。

くの字に曲がっている股関節を伸ばす必要があります。

 

そして、股関節が曲がってしまう原因は股関節に付着している筋肉が関係しています。

膝から下が冷えるタイプの冷え性の原因

次に、膝から下が冷えるタイプの冷え性の原因を解説します。

原理は足全体の冷え性と同じように、血流の流れが悪くなっているからです。

 

では、膝から下が冷えるのは、どこの血管が圧迫されているのかというと、、、

 

「膝裏」です。

 

膝裏の血管も太くできています。

この膝裏の血管が圧迫されている状態です。

 

このタイプも同様に膝が曲がって圧迫されているケースになります。

膝裏の筋肉「下腿三頭筋」「膝窩筋」が大きく関係しています。

足の冷え性の改善ストレッチ

足の冷え性を改善するには【筋肉を柔らかくする→姿勢を改善する→血液の流れを改善する】ということが必要なります。

自分でできることとしては姿勢を悪くしている筋肉に柔軟性をつけることです。

 

【足全体の冷え性向け】レッグランジストレッチ

ストレッチの正しい方法

1.拳1つ分ほど足を開いて立つ

2.左足を大きく前に出す

3.(2)の時、背中は丸めずに伸ばしましょう

4.腰をゆっくりと落とし、右足の膝を曲げる

5.(4)の時、膝が床にぶつからないようタオルやクッションなどを敷きましょう

6.限界まで下げたら30秒キープする

7.元に戻し、左足も同様に行う

 

レッグランジ風ストレッチの目安は左右30秒ずつです。

股関節付近の筋肉が刺激されているのを感じながら30秒キープしていきましょう。

 

ストレッチのコツ

1.呼吸を安定させた状態で取り組む

2.タオルやクッションなどを敷いた上に膝があるようにする

3.体の軸を意識して行う

4.背中は丸めずに伸ばす

5.軽く胸を張る

 

レッグランジ風ストレッチで大切なポイントは、体の軸を感じながら柔軟体操に取り組むということです。

左右に振られたりしないよう、中央の芯を保つようにストレッチしてください。

 

【膝下の冷え性向け】アキレス腱伸ばし

ストレッチの正しい方法

1.壁や手すりなど体重を任せても安定するアイテムの左に立つ

2.右足を一歩前に踏み出し、アキレス腱伸ばしの形を作る

3.(2)の時、背筋はまっすぐをキープしましょう

4.股関節の筋肉が伸びているのを感じながら30秒キープ

5.ゆっくりと戻し、左足も同様に行う

 

アキレス腱伸ばしの目安は左右30秒ずつ行います。

体のバランスを保ちながらじっくり筋肉を伸ばしてください。

 

ストレッチのコツ

1.呼吸を安定させた状態で取り組む

2.痛みの出ない範囲で体を回転させる

3.体の軸を意識しながら行う

4.背中はまっすぐ伸ばしたままストレッチする

まとめ

「足の冷え性」といっても、ただ足が冷たくなるだけはありません。

血流の流れが悪くなるので、免疫機能の低下、代謝が落ちる、結果として様々な不調を引き起こしてしまいます。

 

冷え性は「不調のサイン」です。

ぜひストレッチをして冷え性を改善してください。

 

最後に冷え性を改善するメリットを書きます。

 

足の冷え性が改善すると、、、

 

・寒い季節も快適に過ごせるようになる

・体温が上がるので免疫機能がUPする

・血流の流れが良くなるので様々な不調が改善する

 

このようなメリットがあります。

冷え性でお困りの方はぜひ改善してくださいね。

 

次回のブログでお会いしましょう!!

 

 

PS.

たかが冷え性かもしれませんが、されど冷え性です。

冷え性が万病のきっかけになることだってあります。

ストレッチも効果はありますが、施術を受けたほうが改善には早いです。

すぐに冷え性を改善したいのであれば

当院に一度ご相談くださいね。

 

PPS.

もっと当院のことを知りたい方はオレンジ色のボダンをクリックしてください。

※TOPページが表示されます。

お得なキャンペーンを実施中です(・ω・)ノ

↓↓↓

お電話でのお問合せ・ご予約はこちら

03-5860-7524
営業時間
月・金:10:00~21:00
 火 :14:00~21:00
 木 :16:00~21:00
土・日:10:00~18:00
休業日
水曜

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-5860-7524

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

INFORMATION

2021.10月
・9月1日(水)
・9月8日(水)
・9月15日(水)
・9月22日(水)
・9月29日(水)
上記は定休日となりますので
よろしくお願いします。

営業時間の変更
9月20日(月)10:00~13:00
9月23日(木)10:00~18:00

 

患者さんの声

的確なアドバイスをもらいました

江東区にお住まいのN様

たかが肩こりとあなどらず受けてみてください。先生からアドバイスしてもらって下さい!!よくなりますヨ!!

人にお勧めしたい

墨田区にお住いの松井様

腰痛にお悩みの方、きっとその悩みは、解決できます。オススメです!!

院長ごあいさつ

宇田川真美

元気・前向きがモットーのウッディ先生です。私と一緒に肩こり・腰痛・頭痛を改善していきましょう! 

アクセス・営業時間

住所

〒135-0004 東京都江東区森下2-7-4大澤ビル1階

最寄駅

都営大江戸線・新宿線森下駅から徒歩3分

営業時間
 
午前 × × ×
午後 ×

月・金:10:00~21:00
 火 :14:00~21:00
 木 :16:00~21:00
土・日:10:00~18:00

休業日

水曜